はやぶさ&こまち購入

さ、前回申しました通り、プラレールの車両を買いました。

注文して二日目です。
これでは町の玩具店が潰れてしまうのは仕方ないのかもしれません。

箱から取出し、電池をセットしてレールに載せます。
うんうん、しっかり走りますね。
流石に百均の電車のおもちゃとは精度が違います。
トミカのおもちゃは精度のねらい目が抜群です。
余りに精度を求めると子供には遊べないし、あまり緩過ぎてもちゃんと遊べなくなるという絶妙なラインを設定していますね。
某超時空要塞アニメのロボットなど、ファンが変形の再現度やスタイルを求めるあまり部品のクリアランスに余裕が無く、大人でも部品破損してしまうほどです。
やっぱり玩具はガンガン遊べないと面白くありませんから。

妻からの報告によると、リビングでずっと列車を走らせているので煩くて嫌になるようです。
妻には申し訳ないけど、子供に喜んでもらえてよかった。

Happy Birthday!

先日、長男が5歳の誕生日を迎えました。
生まれて翌日、手術をしなければ確実に死んでしまう疾患が見つかり2回手術をし、2ヶ月入院し「この先どうなるものか・・・」と妻と頭を抱えていましたが何とか元気に過ごしています。
息子は男の子らしく変形ロボットが大好きで、今年はシンカリオンというアニメに嵌っています。
トミカが作成していますので、アニメの目的は如何に子供に玩具を買わすかですから、あの手この手で射幸心を煽ってきます。
それにすっかりやられて、既に2体買い与えたのですがどうしてもこれが欲しいとねだられました。

おお、格好いい。
名前もフォルムも子供心をばっちり掴んでいます。
誕生日プレゼントとし、早速開封しました。

正面ですね。

こちらは背面。
こんなにごちゃごちゃ武装したら、却って弱くなりそうですがそれは言いっこなし。
息子にちゃんと変形させられるかどうか不安ですが、男子三日会わざるは括目せよとも言いますので、放っておきましょう。
しかもこのブラックシンカリオンは電池でプラレールとしても走行できます。
なので合わせてレールも購入しました。
大喜びです。

で・・・ここから悲劇が起きました。
僕としては電動走行車両とレールを買ったのだから、以前購入して遊んだ100円ショップの同じような電動走行車両とレールは捨てようと思いました。
その事を息子に告げ、おもちゃ部屋からその玩具を取りに行ったらなんと息子の目に大粒の涙が・・・
彼は何故なくのでしょう。
僕も妻も訳が分かりません。
宥めて話を聞くと
「最近それで遊ばなかったのは電池が切れていたから。電池を入れてレール上を電車を走らせたい」
との訴えでした。
なるほど、幼児としては変形も楽しいけど動くのも楽しいということを理解できてませんでした。
しかし同じような玩具をおいて置くのも整理整頓の観念からも許されません。
決めました。
プラレールの電動走行車両を追加で買っちゃいましょう。
どうせもうすぐクリスマス。
少し早いけど良しとします。
直ぐにアマゾンにアクセス→商品をぽちっとしました。

僕が幼少の自分はどういう理由だか、あんまり玩具を買ってもらえませんでした。
その頃のフラストレーションが未だに溜まっているのだと思います。
せめて子供たちには不憫な思いはさせたくないと。
さ、喜んでくれますやら。

失望

先日、とあるビュッフェに5年ぶりに家族で行きました。
僕はビュッフェが大好きで、あちこちに食べ歩きます。
もう量は食べられない年齢ですが、色々なものをつまめるので、今でも新店舗を開拓しています。
そのビュッフェに行ったのは5年前は妻と二人か、長男が生まれて間もないころだと思います。
で、今回ですが・・・失望しました。
まず店内に入ってびっくりしたのがその客の少なさ。
5年前までは、いくら開店直後でもこんなにスカスカではありませんでした。
着席し、料理を取りに行くと明らかに質と品数がダウンしています。
やたらと増えた炭水化物と揚げ物。
デザートはフルーツが少なくなっています。
見た瞬間テンションダダ下がりです。
妻も同じ感想でした。
以前は美味しくて、あまりに食べ過ぎて帰路で嘔吐してしまうということもあったのですが、もうそれも心配なくなりました。
料理が悪くなったから客足が落ちたのか、あるいはその逆なのか・・・。
その辺は商売の妙というやつでしょうが、今後もうこの店に行くこともないでしょう。
僕も商売人として、お客様に失望されないように精進したいと思います。

ヒラマサ調理

なんだか最近、魚の事ばっかり書いている気がします。
まあ良いでしょう。
先日釣ったヒラマサを調理しました。
ヒラマサはブリと比べ身は甘いけど、脂の乗りは少なめな魚です。
なので調理は刺身系統が一番おいしいと思います。
まずは御造り。

血合いが少ない、綺麗な身色です。
続いてなめろう。

本来はアジで作る料理ですが、ヒラマサもアジの仲間なので不味い筈はありません。
茗荷、大葉、生姜の微塵切りと一緒に叩いて叩いて叩きまくります。
味付けは味噌と甘めの醤油を少々。

いや、刺身は流石の旨さです。
ヒラマサは比較的一年を通して味の変化がありません。
ただ気を付けなればいけないのが、大きい個体は不味いと言う事。
筋肉が発達しているヒラマサは大きくなると身が筋張ってきます。
この点、大きい方が美味しいブリとは違います。
カンパチは大きい個体を食べた事ないので分かりません。

続いてなめろうですが、これは炊き立てご飯にどっさり乗せて一気に口に入れます。
日本酒のあてとしても良いでしょうが、生憎の下戸なので銀シャリのパートナーとして楽しんでいます。
子供には生姜の風味がきついようで、評判が良くありませんでした。

今年もあと何回釣りに行けるやら。
日本海で釣りをしてみたいと言う方はご一報下さい。

寒ブリ

先日、親戚から電話があり
「知人から鰤を貰ったが捌けんので捌いてくれ」
との事なのでチョチョイのチョイとやった時に、腹側の身を貰いました。
丁度1/4ですね。
キッチンペーパーとラップで処理し、冷蔵庫のチルド室でお休みする事3日間、食べごろになったので食べる事にしました。

やはり鰤は実が悪くなるのが早いです。
血合いの部分は変色しています。
その辺りをトリミングして刺身を引きます。

本当の大トロの部分は貰った当日に味見しちゃったのでないのですが、十分に脂がのっています。
ちなみにこの鰤は瀬戸内海のもので、日本海の鰤はまだ脂がここまで乗っていません。
生息海域によって餌が違うのでしょうか。

炙りの断面ですね。
贅沢を言えば稲藁で香り付したいのですが、ここは家屋内なのでガスバーナーです。

ここは部位的には中トロですね。

食べてみるとやはり旨い!
冬の醍醐味ですね。
鰤は12月~2月一杯は美味しいのですが、それ以外はどうも・・・
この辺、一年通じて味が変わりにくいヒラマサと違うところです。

 

ヒラマサ釣ってきました

多分今年最後になるであろうヒラマサキャスティングに行ってきました。
今回は風や波が結構残っていて大変でした。

ポイントについていち早く投げた人に直ぐ釣れました。
15キロの堂々たるヒラマサです。
船のローカルルールで10キロ以上のヒラマサはリリースします。
ヒラマサは元気に海中に消えていきました。

さ、その次は自分の番と皆気合を入れますが、イマイチ反応が良くありません。
キハダやコシナガマグロも跳ねません。
2週間目の祭りはどこへやら。
ある人は船酔い、ある人は寝魚狙い、そして残った一人二人が投げ続けます。

そうこうしているとYさんにもヒラマサが釣れます。
6㎏程度でしょうか。
八里のレギュラーサイズですね。

誰かが釣れると他の人も投げ出す、そして釣れなくて諦める。
ある人は船酔いでダウンと、どうも意気があがりません。

頑張らねば・・・投げ続けるとジュボッと私のルアーを魚が呑み込み、竿に重みが乗りました。
「キターッ!」
と高らかに宣言しリールを巻きます。
(うーん、小さいかな)
と思いながらファイトしてると、いきなりガンガン潜り始めます。
おお、中々良いサイズじゃん?と船長から言われますがひたすら巻いては上げ、上げて巻いての繰り返しです。
お、上がってきたのはヒラマサです。

どどどーん。
うーん、しかしかなりやせっぽちの個体ですね。
天高く馬肥ゆる秋なのに。

なんと115㎝も長さがあるのに、目方は10㎏しかありません。
メタボなら15㎏はあるであろうに・・・
撮影後、海に帰ってもらいました。

その後は80㎝くらいの御土産最適サイズのヒラマサと中々良い型のアカハタを追加して釣りは終わりました

全体的に渋かったけど、10㎏オーバー2本釣れたし良しとしましょう。
今年中にあと1回釣りに行けるかどうか。

片川塾

さる11月17日、下松トレーニングジム24にて片川淳によるセミナーが行われました。

早いものでジムが出来て10年、と同時に僕のトレーニング歴も10年になります。
10年たっても左程体は大きくなってません。
悲しいことです。

そんな悩める筋トレ民の為にセミナーが行われたのですが、僕もアシスタントとして手伝わさせて頂きました。
片川さんと知り合って9年ほどになりますが、最初は凄い人と知らなくて、色々恥をかいていました。

そんな中、セミナーがスタートしました。
先ずは座学です。
筋繊維の発達は、完全なる生化学反応です。
そこに経験則やカンは入る余地はありません。
間違ったロジックでは絶対に体は大きくなりません。
40歳からボディビルをスタートし、世界の頂点に立った片川さんの金言に皆が聞き入っています。

そして実技のスタートです。
僕が悪い見本を見せて、その後片川さんが正しい見本を見せると言う図式なのですが、悪い見本というのが中々難しいですね。
普段と違う動きをするのでリズムが掴めません。

そうして2時間のセミナーは無事終了しました。
萩のマイフィットのオーナーでもあり、ミスター山口も獲られた木原さんも来場されていました。
来季の活躍に期待です。

1本釣り近海キハダマグロ大トロ

画像

先日釣ったキハダマグロをクーラーの中で寝かせて1週間が経過し、ようやく食べごろになってきました。
なので頂きます。
まずはクーラーから出した状態です。
まな板が70㎝ですので、そこから大きさを推測してください。
流石に空気に触れている部分は痛んでいます。
カマをオーブンで焼こうと思っていましたが、諦めなければいけません。

ちゃっちゃっと捌きます。
マグロ類は背びれ辺りの皮が固いので少々コツがいりますが、それを除けば簡単です。
ただ血合いの量が他の魚と段違いで多いので、トリミングする量が多くなります。
新鮮だと食べられるのですが、熟成させると駄目ですね。

これで片身です。
大人二人の我が家では多すぎますし、もう熟成させてますのでこれからは長期保存は無理なので食べきる分だけで後はご近所さんに御裾分けしました。
そうして調理するのですが、包丁に脂が纏わりつくので切るのが大変です。
手も脂まみれです。
美味は約束されています。

王道の刺身です。
何故かキハダなのに大トロがありました。
身の色は薄めですね。

僕の大好きなタタキです。
香ばしくて大抵の魚は炙った方が好きですね。

妻が作った赤身とアボカドをあえて作った料理。

どれもこれも美味でした。
生臭さは一切なく、旨味と甘味が最高です。
普通の人は1週間熟成させた魚を食べた事は無いかと思いますが、これも釣り師の特権です。
またしても息子がトロをパクパク食べていました。
一時は魚が嫌いになりかけていましたが、これを機にまた魚好きになって欲しいものです。
あ、熟成ですが魚によりけりです。
なにもかも時間を置けば良いと言うものではありません。

一本釣り近海クロマグロ生大トロ

先日、我が家にとんでもない食材がやってきました。
友人から譲り受けた本マグロのブロックです。
しかも一本釣り。
しかも生。
しかも大トロ有。
生まれて初めて目にします。
大事に処理し、チルドで熟成させます。

美味しくなった今日この頃、食べてみる事にしました。
塩水処理をし、色が悪くなった血合いや筋や皮をトリミングします。

美味しそうじゃありませんか。
上部から赤味、トロ、中トロ、大トロがしっかり存在しています。
包丁には既に脂がべっとり付着し、その度に拭き取らないと切ることは出来ません
さてさて出来上がりは・・・

ツマが無い?
そんなものは要らんのですよ。
写真が暗い?
それは仕方ないです、下手なので。
切り方が下手?
仰る通りです。

しかしまあ、そんな事は吹き飛ぶくらいの迫力があります。

この大トロを見てください。
口にするとなんとも言えない甘さが広がります。
こんなのは少しで良いのです。
多量に食べるものじゃありません。

個人的には赤身が好きですね。
マグロらしい酸味が素晴らしい。

僕に握る腕があれば寿司を作るのですが、それはまだ先の事になりそうです。
非常に美味しゅうございました。
Nさん、どうもありがとう。

よつば地所特典

弊社に不動産をお世話させて頂けた方には、とあるサービスをさせてもらってます。
それは包丁研ぎです。
度々ここでも話が出てきますが、僕は包丁研ぎが好きです。
しかし悲しいかな、殆どの人が自前で研ぐことはなされません。
精々シャープナーに通すぐらいでしょうか。
特定の商品を貶めるわけにはいかないので具体的には申し上げませんが、あれは包丁を駄目にします。
一時的には良いけど、最後には丸刃になり寿命を迎えます。
やはりちゃんと砥石で研ぎましょう。

さてさて、今年仲介をさせて頂きましたM様から包丁を預かりました。
以前にも5丁ほど手入れしました。
出刃と柳刃で、まあ見事なほどに錆&刃毀れでした。
日本鋼の包丁は錆びるのが欠点ですが、研ぎやすいのと切れ味が良いので是非使って欲しいものです。
ですが使用後はちゃんと洗浄後、水分をしっかり拭き取って油を塗るのをお忘れなく。
今回は出刃3丁に菜切り1丁。
菜切りは研いだことないですが、どうにかなるでしょう。
しかしまずこの錆をどうにかしなければなりません。
道具箱から耐水ペーパーを出します。
180、400、800、1200、2000
当て木を使い、水研ぎをしていきます。
サンダーを使用したいですが、熱が発生するので使いません。
あくまで水研ぎに拘ります。
約2時間が経過し、目立った錆は取れました。
深いものは諦めます。

一番上の出刃は柄を替えないといけませんが、それはMさんに金物屋さんでやってもらいます。
僕でも出来ますが、万が一の事があると怪我に繋がるのでそこはプロに任せましょう。
さて次は刃毀れ修正と本刃付けに入ります。