サプリメント摂取

筋トレに興味が出てくると、必ずサプリメントに興味が出てきます。
初心者の人に
「プロテインは何を摂取すればいいんですか?」
という質問を受けたことは数えきれません。
その時の返事もいつも決まっています。
「今はまだそんな段階ではないですから、まずは正しくトレーニングしましょう」
です。
何故ならトレーニングで刺激を受けた筋肉に対するケアでサプリメントを摂るので、ちゃんとトレーニングできてなければサプリメントは単なるカロリー源になり太るだけです。
まあでのそんなことを言うと話が終わってしまうので、一般生活、あるいは軽いウォーキングをしている人にも有効なサプリメントを紹介しましょう。
〇プロテイン
筋肉増強剤を勘違いされている人がいますが、食物由来の粉末です。
一番消費されるホエイプロテインは言ってしまえば脱脂粉乳です。
現在に日本人はタンパク質摂取量が明らかに少ないので、筋肉量や骨量の維持に摂取はお勧めです。
〇マルチビタミン&ミネラル
ネイチャーメイドの製品で十分です。
自律神経のメンテナンスに必須です。
規程量の1.5倍くらいがお勧めです。
〇食物繊維
便通改善に有用です。
便秘は100害あって一利なしです。
キャベツやレタスなどの葉物野菜を沢山食べても有用です。
正し、ドレッシングは不可です。

勿論食品から摂取が一番ではありますが、経済的・カロリー的に難しい部分もありますので、サプリメントとは上手に付き合いましょう。
私が摂取しているサプリメントを書き記しておきます。
〇プロテインパウダー
〇マカ錠剤
〇マルチビタミン&ミネラル
〇Ω3カプセル剤
〇アルギニン
〇クレアチン
〇クエン酸
〇マルキデキストリン
〇BCAA若しくはEAA
〇カフェイン
〇グルタミン

このくらいですかね。
各効用は検索してください。
筋トレ始めて10年、サプリを取り始めてから7年くらいですがいたって健康です。
サプリメントで不健康が健康になるとは思いませんが、少なくとも健康の維持・強化には役立ちます。
分からない方はお問い合わせください。

寒波 襲来

暖冬と言われているこの度ですが、ようやく寒さがやってきた・・・と思っていました。
しかし既に雪は消え去り、日が射してきています。
単純な過ごしやすさで言えば当然暖冬の方が良いのですが、気持ち的には厳しい寒さの方が冬らしくて好きです。
子供のころ、母方の山間部の集落に遊びに行っていた時、たくさん雪が降りました。
それこそ思い出補正かもしれませんが、膝下まで雪が積もっていたように思います。
雪合戦や雪だるまを作るに余りある積雪が記憶に残っています。
いずれはうちの子にもそういう情景を味あわせてあげたいのですが、残念なことに私の車は冬用タイヤを履かせておりません。
その為だけにレンタカーというのも・・
もし来年冬の寒さが厳しいようならちょっとチャレンジしてみようかと思います。

明けましておめでとうございます

遅ればせながら・・・
暦の並びもあり、いつもより長めのお休みを取りました。
幸い子供たちの体調も良くなり、思いっきり家族サービスが出来ました。
今年もお客様も私の家族も幸せになれるように邁進したいと思います。
それでは宜しくお願いします。

年の瀬

平成最後の師走です。
思えば今年も色々ありました。
ここ2週間は子供たちの具合が悪く、業務も殆ど出来なかったです。
でもなんだかんだで良い年ではあったように思います。
漸く冬らしい寒さもやってきて、気持ちを切り替えて新年を迎えることが出来そうです。
全ての皆様に幸有らんことを願いたいと思います。
それではよいお年をお迎えください。

ゴホンときたら

龍〇散ってのは名キャッチコピーですが、今もこれなんでしょうか。
さて我が家の長男は呼吸器系が極端に悪く、冬になるとゲホゲホ咳をしています。
勿論病院にも行くのですが、その度に抗生剤を処方されます。
現代医学を否定する気は無いのですけど、どうにも抗生剤には抵抗があります。
なので何かないか・・・と調べてみたら、こういうものがありました。
「マヌカハニー」
です。
蜂蜜はある研究によると、下手な薬よりも喉にいいらしいのですが、その中でも特にいいのがこの蜂蜜らしいのです。

ラベルにUMFという表記がありますが、この数値が10以上のものが非常にいいとの事。
勿論数値がこれ以上のもこれ以下のもあるのですが、お値段もそれ相応になってきます。
なので、まずは最低限の10+から購入してみました。
味はコクがあると言うか、独特の風味はありますね。
普段、スーパーで売っている蜂蜜しか食べたことが無いのでなんですが。
ちなみにお値段は250グラムで2600円くらいです。
正直痛い出費ではありますが、これで子供たちが元気になるのなら安い買い物です。
あ、効果の程ですが現在1週間与えていますが、特に変わりありません。
食品なので効果が出るまで長期使用が必要だと思いますので、気長に待ってみます。

はやぶさ&こまち購入

さ、前回申しました通り、プラレールの車両を買いました。

注文して二日目です。
これでは町の玩具店が潰れてしまうのは仕方ないのかもしれません。

箱から取出し、電池をセットしてレールに載せます。
うんうん、しっかり走りますね。
流石に百均の電車のおもちゃとは精度が違います。
トミカのおもちゃは精度のねらい目が抜群です。
余りに精度を求めると子供には遊べないし、あまり緩過ぎてもちゃんと遊べなくなるという絶妙なラインを設定していますね。
某超時空要塞アニメのロボットなど、ファンが変形の再現度やスタイルを求めるあまり部品のクリアランスに余裕が無く、大人でも部品破損してしまうほどです。
やっぱり玩具はガンガン遊べないと面白くありませんから。

妻からの報告によると、リビングでずっと列車を走らせているので煩くて嫌になるようです。
妻には申し訳ないけど、子供に喜んでもらえてよかった。

Happy Birthday!

先日、長男が5歳の誕生日を迎えました。
生まれて翌日、手術をしなければ確実に死んでしまう疾患が見つかり2回手術をし、2ヶ月入院し「この先どうなるものか・・・」と妻と頭を抱えていましたが何とか元気に過ごしています。
息子は男の子らしく変形ロボットが大好きで、今年はシンカリオンというアニメに嵌っています。
トミカが作成していますので、アニメの目的は如何に子供に玩具を買わすかですから、あの手この手で射幸心を煽ってきます。
それにすっかりやられて、既に2体買い与えたのですがどうしてもこれが欲しいとねだられました。

おお、格好いい。
名前もフォルムも子供心をばっちり掴んでいます。
誕生日プレゼントとし、早速開封しました。

正面ですね。

こちらは背面。
こんなにごちゃごちゃ武装したら、却って弱くなりそうですがそれは言いっこなし。
息子にちゃんと変形させられるかどうか不安ですが、男子三日会わざるは括目せよとも言いますので、放っておきましょう。
しかもこのブラックシンカリオンは電池でプラレールとしても走行できます。
なので合わせてレールも購入しました。
大喜びです。

で・・・ここから悲劇が起きました。
僕としては電動走行車両とレールを買ったのだから、以前購入して遊んだ100円ショップの同じような電動走行車両とレールは捨てようと思いました。
その事を息子に告げ、おもちゃ部屋からその玩具を取りに行ったらなんと息子の目に大粒の涙が・・・
彼は何故なくのでしょう。
僕も妻も訳が分かりません。
宥めて話を聞くと
「最近それで遊ばなかったのは電池が切れていたから。電池を入れてレール上を電車を走らせたい」
との訴えでした。
なるほど、幼児としては変形も楽しいけど動くのも楽しいということを理解できてませんでした。
しかし同じような玩具をおいて置くのも整理整頓の観念からも許されません。
決めました。
プラレールの電動走行車両を追加で買っちゃいましょう。
どうせもうすぐクリスマス。
少し早いけど良しとします。
直ぐにアマゾンにアクセス→商品をぽちっとしました。

僕が幼少の自分はどういう理由だか、あんまり玩具を買ってもらえませんでした。
その頃のフラストレーションが未だに溜まっているのだと思います。
せめて子供たちには不憫な思いはさせたくないと。
さ、喜んでくれますやら。

失望

先日、とあるビュッフェに5年ぶりに家族で行きました。
僕はビュッフェが大好きで、あちこちに食べ歩きます。
もう量は食べられない年齢ですが、色々なものをつまめるので、今でも新店舗を開拓しています。
そのビュッフェに行ったのは5年前は妻と二人か、長男が生まれて間もないころだと思います。
で、今回ですが・・・失望しました。
まず店内に入ってびっくりしたのがその客の少なさ。
5年前までは、いくら開店直後でもこんなにスカスカではありませんでした。
着席し、料理を取りに行くと明らかに質と品数がダウンしています。
やたらと増えた炭水化物と揚げ物。
デザートはフルーツが少なくなっています。
見た瞬間テンションダダ下がりです。
妻も同じ感想でした。
以前は美味しくて、あまりに食べ過ぎて帰路で嘔吐してしまうということもあったのですが、もうそれも心配なくなりました。
料理が悪くなったから客足が落ちたのか、あるいはその逆なのか・・・。
その辺は商売の妙というやつでしょうが、今後もうこの店に行くこともないでしょう。
僕も商売人として、お客様に失望されないように精進したいと思います。

ヒラマサ調理

なんだか最近、魚の事ばっかり書いている気がします。
まあ良いでしょう。
先日釣ったヒラマサを調理しました。
ヒラマサはブリと比べ身は甘いけど、脂の乗りは少なめな魚です。
なので調理は刺身系統が一番おいしいと思います。
まずは御造り。

血合いが少ない、綺麗な身色です。
続いてなめろう。

本来はアジで作る料理ですが、ヒラマサもアジの仲間なので不味い筈はありません。
茗荷、大葉、生姜の微塵切りと一緒に叩いて叩いて叩きまくります。
味付けは味噌と甘めの醤油を少々。

いや、刺身は流石の旨さです。
ヒラマサは比較的一年を通して味の変化がありません。
ただ気を付けなればいけないのが、大きい個体は不味いと言う事。
筋肉が発達しているヒラマサは大きくなると身が筋張ってきます。
この点、大きい方が美味しいブリとは違います。
カンパチは大きい個体を食べた事ないので分かりません。

続いてなめろうですが、これは炊き立てご飯にどっさり乗せて一気に口に入れます。
日本酒のあてとしても良いでしょうが、生憎の下戸なので銀シャリのパートナーとして楽しんでいます。
子供には生姜の風味がきついようで、評判が良くありませんでした。

今年もあと何回釣りに行けるやら。
日本海で釣りをしてみたいと言う方はご一報下さい。

寒ブリ

先日、親戚から電話があり
「知人から鰤を貰ったが捌けんので捌いてくれ」
との事なのでチョチョイのチョイとやった時に、腹側の身を貰いました。
丁度1/4ですね。
キッチンペーパーとラップで処理し、冷蔵庫のチルド室でお休みする事3日間、食べごろになったので食べる事にしました。

やはり鰤は実が悪くなるのが早いです。
血合いの部分は変色しています。
その辺りをトリミングして刺身を引きます。

本当の大トロの部分は貰った当日に味見しちゃったのでないのですが、十分に脂がのっています。
ちなみにこの鰤は瀬戸内海のもので、日本海の鰤はまだ脂がここまで乗っていません。
生息海域によって餌が違うのでしょうか。

炙りの断面ですね。
贅沢を言えば稲藁で香り付したいのですが、ここは家屋内なのでガスバーナーです。

ここは部位的には中トロですね。

食べてみるとやはり旨い!
冬の醍醐味ですね。
鰤は12月~2月一杯は美味しいのですが、それ以外はどうも・・・
この辺、一年通じて味が変わりにくいヒラマサと違うところです。