イサキの塩焼き

日曜日、自宅から徒歩圏内にあるスーパーに買い物に出かけました。
時間は午前10時半くらい。
在庫が切れかけた牛乳やヨーグルトを求めてですね。
店内を物色していると、そこに旬のイサキがありました。
刺身用で350円~430円くらいですね。
某サンリブでこれよりほんの少し大きいだけのイサキは1500円でした。
鮮度は・・・まあスーパーで売られているならこの程度でしょう。
刺身用と表記してありますが、血抜きしてないので刺身にしたら少し臭いかもしれません。
ただでさえイサキは磯の匂いがする魚です。
しかし身は背の方も十分に身が張っていて、美味しそうです。
一番美味しそうな個体をチョイスして購入しました。
帰宅し鱗、内臓、血合いを取ります。
頭もロースターに入らないので取っちゃいます。
ここのところ、何回も続けて釣行が時化で中止になっているので久しぶりに出刃を持ちました。
イサキ相手なので小出刃です。
包丁は大が小を兼ねません。
小が大を兼ねます。
でも柳葉は大きい方がいいかな。
きちんと処理をして、水分をキッチンペーパーでふき取り塩を振ります。
ロースターに魚を入れスイッチオン。
パナソニックのロースターは非常に優秀で、美味しく焼いてくれます。
15分後、いい感じに焼けました。
食卓に運び、口に運ぼうとしたら食いしん坊の娘が来ました。
骨が無いように身を取り分け与えます。
結局半分以上娘に食べられました。
やはり旬の魚は美味しいです。
そろそろ自分も釣りに行きたいですね。

100㎝

100㎝=1m
とまあ、当たり前の話なのですが我が家では一つの期待値といいますか、待ち焦がれていた数値でもあります。
それは長男の身長です。
長男は食も細く、正直背丈も低いです。
幼稚園の同級生と並んだ写真を見ても、明らかに低い・・・
過去、平均身長と比較してある数値以下なので成長ホルモンが出ているかどうかの検査入院もしました。
結果は正常でした。
どこの家庭もそうでしょうが、我が家にも子供の成長を記してある柱があります。
今朝、何の気なしに息子がその前を歩いたときに見てみたら
「あれ、100㎝になってるんじゃないの?」
と妻に言い、計測したら丁度100㎝でした。
長男も殊の外喜んでいます。
以前から100㎝になったらお祝いしようって言ってましたので、明日はケーキを買いましょう。
このまま健やかに育ってほしいものです。

HbA1c

聞いたことがある人もあるかもしれません。
糖化したヘモグロビンの値です。
糖尿病になっているかどうかの目安になります。
5.5%以下が正常、6.5%以上は糖尿病の疑いあり、その間は何とも言えませんって感じです。
先日ちょいと検査をしてみました。
生来大の甘党で、放っておけばバクバク食べてしまいます。
過去には体重が90㎏を超えたこともあり、今はかなり気を付けています。
さて結果は・・・5.0%でした。
かなり優秀な値だと思います。
血液は体の健康を左右します。
逆に言うならば、血液さえ問題なら健康が維持できます。
皆さんも定期的な血液検査をお勧めします。
重篤化してからでは遅いですからね。

連休明け

弊社では働き方改革に従い、10連休を実施しました。
自分自身の行楽としては魚釣りが27日に予定していましたが、時化で中止になり結局というか全て家族サービスに費やしました。
社会人になってからここまで長い休みは経験してなかったので少し戸惑いましたが、なかなかに楽しめました。
我が子はまだ幼児なので遠方に行くにはGWの混雑は辛すぎるので、殆ど近場で遊びました。
公園や魚釣り、墓参りや動物園などです。
特に魚釣りは初めてでしたので、かなり興奮していました。
私が幼少のころ、田舎の川で祖父に魚釣りを教えてもらいました。
その時の自分と同じ年頃の子供たちと同じ川で釣りをし、同じ魚が釣れました。
あの時は祖父母は勿論のこと、曾祖父母も健在でした。
一気に気持ちが42年前に戻りました。
しかし曾祖父母が住んでいた家は既に崩壊しかけていますし、川も草木が川岸から沢山生えていて釣りづらくなっています。
祖父が太鼓を叩いて盆踊りをしたお寺の境内は、びっくりするくらい狭い場所でした。
身長100cmと175cmでは見る世界がこれほど違うものなのかと驚いています。
今回は93歳になる祖母も連れて行きました。
あと何回祖母と行動できるでしょうか。
祖父との別離は突然でしたので、できるだけのことはしてあげたいです。

ダイエット報告

えーと、ダイエットを始めてから約1か月が経過しました。
時期的にも興味がある人が多いかと思いますので報告したいと思います。
体重で言えば、4㎏落ちました。
体脂肪率は現在14%です。
最初計測するのを忘れていました。
減量方法ですが、基本的には食事制限です。
朝と昼のメニューは変えずに、夕食だけ変えています。
夕食は生野菜を食べるだけ食べて、後は皮を剥いだ鶏むね肉1枚か塩サバ2枚ですね。
白米は食べません。
おやつも当然食べません。
朝と昼は変えてないといいましたが、もともと低投糖質なメニューを毎日ですので一般的な食事とは思わないでください。
これで極端な空腹感は出ていません。
これは年齢も関係してるかと思います。
体重が落ちた実感として、ズボンのウエスト周りが緩くなりました。
顔も少し細くなった気がします。
トレーニング時の筋力は落ちた気がしないので、筋肉はそんなに落ちてない気はしますね。
もう暫く頑張って、あと8㎏落としたいと思います。
そうなったら多少格好良い体形になってるといいんですけどね。

数え年で48歳です

はい、私のことです。
昭和47年生まれは当てはまりますね。
巷で言われている、数え年で8の倍数の時に、男は体の変化が現れるというのがありますがあれは当たっています。
今年に入ってから、仕事をしてもトレーニングをしてもどうにも体が疲れやすくなっています。
また減量に入って節食してもそんなに空腹感を感じない。
おかしいなあと思って気にしてみたら、タイトルの通りだったのです。
医学的な根拠はないでしょうけど、経験則に基づいた統計学的な理論であり、かなり信ぴょう性があるよう思いました。
幸いなことに体そのものは元気なようで・・・と思っていたら4日間ほど原因不明の発熱に悩まされたりもしました。
少なくとも若くはないので、気を付けて春を楽しみたいと思います。

4月に入って・・・

桜も咲いています。
外回りがてら花を愛でることができるのも自営のいいところ。
今年度は娘が幼稚園に入ります。
なので今はその準備をしています。
とはいっても、年々小保育に入っていたので気分は進級です。
入園式が13日にあるのですが、なんと私は釣りの予約を入れていました。
まさか土曜日に入園式があるとは・・・
泣く泣くキャンセルです。
息子は年長となり、最後の幼稚園、そして来年は小学生です。
いの一番に購入しなければならないのがランドセルです。
年々早期購入が当たり前になっているようで、連休明けでは遅いようです。
そう聞いていたのでもう当たりはつけていますが、まだ購入はしていません。
今週末までには決めたいと思います。
生まれてすぐに手術→入院となった息子ですが、ここまで成長してきました。
これからも見守っていきたいと思います。

夏に向けてダイエット開始

春めいてきました。
毎年の事ですが、ダイエットを始めます。
個人的には別に体重がいくら増えようとあまり気にしていないのですが、ズボンのウエストがきつくなってきましたし、なにより夏が始まります。
夏と言えば薄着、そして海やプールに行く機会が増えます。
そうなった場合、やはり引き締まった体の方が見た目が良いですよね。
そんなわけで、毎年腹筋が割れるくらいには減量するわけです。
減量期間は大よそ3~4か月くらいです。
勿論普段行っているウエイトトレーニングも休むことはありません。
ここで気にしなければいけないのは、タンパク質、脂質、炭水化物のバランスと性質です。
カロリー計算は勿論ですが、減量にプラスになる質を選びます。
例えば脂質は脂じゃなくて油を、それも良質なものを。
炭水化物はGI値が低く、食物繊維を多く含むものを。
タンパク質はアミノ酸スコアが100のものを。
そして緑の葉物野菜は積極的に摂取する事。
これだけでガンガン脂肪が落ちていきます。
単なるカロリー制限、あるいは○○ダイエットと言われるものだと体重は落ちるかもしれませんが、スタイルは確実に悪くなります。
何のために減量を行うか?
それは綺麗な外見を手に入れるためでないでしょうか。
体重○○㎏という数字を手に入れるわけではありません。
その数字を体に表示して歩くわけでもありません。
てなわけで、皆様は健康的に痩せてくださいね。
無理は禁物です。

正直不動産

ビックコミック(雑誌)で連載中の『正直不動産』
漫画ではありますが、その中で描かれる手法や法的根拠は真っ当です。
今まで様々な不動産業者がフィクションの世界で描かれてきましたが、どれもこれも「こんな奴、おらんやろ!」というような感じでした。
再建築不可の物件を売却したり(どうやって融資通したの?)、売買代金は現金で支払ったけど、登記申請しなくてそのまま放置して詐欺に遭うとか、もう考えられません。
で、この正直不動産なのですが舞台は都会なのでこの辺りとは当然物件代金や、あるいは風習的なものも異なる部分はありますが読んでいて違和感があるところはありません。
きっと実務者にちゃんと取材しているんだろうなあって思います。
そもそも不動産取引はちゃんと都道府県、若しくは国土交通省から認可を受けて営業している業者であれば詐欺行為なんか怖くてできないし、所有権移転などは司法書士が介在するのでこれまた不正はできっこない。
てなわけで、お客様においてはそんなに不動産業者に対し不必要な恐怖心を抱かないで頂きたいものです。

 

東京出張

先日、東京に行っておりました。
当然仕事がらみです。
観光ではないであっちこっちに行ったわけではないのですが、それでも東京という街が持つエネルギーは十分に感じれらました。
あちこちで行われる再開発、移動する人の量、そして不動産の価格にはびっくりです。
4日程の滞在でしたが、もう3日目には辛くなってきました。
根っからの山口県民の私には東京の空気は合いません。
岩国空港に付いた時にはホッとしました。
これからも地元の為に頑張ります。